大野勝彦先生のこと